楽天モバイルアンリミット徹底解説ブログ

楽天モバイルの、Rakuten UN-LIMITプランを中心に解説するブログです

【楽天モバイル AQUOS sense4 plus レビュー/評判/口コミ/メリット/デメリット】イヤホンジャック搭載、バッテリー持ちが良い、カメラ性能はそれなり、など

楽天モバイル申し込みは、公式サイトから

10月再入荷!Rakuten Handが実質0円

楽天モバイル

2021年2月22日更新
このページの内容は、全て税込表記です。


2020年11月10日に、AQUOS sense4 plusが発売されました。


AQUOS sense4 plus
f:id:totalcar:20201211182356j:plain
出典https://corp.mobile.rakuten.co.jp


このページでは、AQUOS sense4 plusのレビュー、評判、メリット、デメリットを紹介します。

AQUOS sense4 plusのメリット、長所

AQUOS sense4 plusのメリットその1:基本性能が高い

AQUOS sense4 plusには、Snapdragon 720Gと、8GBのメモリが搭載されています。


性能の指標となるAntutuベンチマークスコアは、約28万点です。


ミドルレンジのスマートフォンなので、もっと性能が高いものもありますが、4万円程度のスマホとしては、基本性能は高いといえるでしょう。


3Dゲームも、最高設定にしなければ、十分プレイすることができます。


AQUOS sense4 plusのメリットその2:動作がスムーズ、サクサク動く

AQUOS sense4 plusは、普段の画面のスクロールなどの動作もスムーズで、サクサク、ヌルヌル動きます。


AQUOS sense4 plusのディスプレイは、90Hzの高速駆動です。(1秒間に90回更新することができる)


また、タッチ検知は、120Hzです。(120分の1秒単位でタッチを検知することができる)


ゲームをスムーズにプレイすることができるだけでなく、普段使いでもヌルヌル感を感じることができます。


AQUOS sense4 plusのメリットその3:イヤホンジャック搭載、ハイレゾ対応

AQUOS sense4 plusには、イヤホンジャックが搭載されており、また、ハイレゾにも対応しています。


最近は、イヤホンジャックが搭載されていない機種も多いので、これは嬉しいことです。


AQUOS sense4 plusのメリットその4:バッテリーの持ちが良い

AQUOS sense4 plusには、4,120mAhのバッテリーが搭載されています。


連続待受時間は720時間、連続通話時間は50時間となっています。


前モデル、AQUOS sense3 plusのバッテリー持続時間は、連続待受時間680時間、連続通話時間38時間だったので、バッテリーの持ちは良くなっています。


本体が大きいということもあり、バッテリー容量も大きめなので、バッテリーについて不満を感じることはないでしょう。


AQUOS sense4 plusのメリットその5:指紋認証、顔認証に対応

AQUOS sense4 liteは、指紋認証と、顔認証、両方に対応しています。


最近はマスクをしていることも多く、顔認証だけではうまくロックを解除できないことも多々あります。


指紋認証、顔認証、両方に対応している方が、マスクをしている時は指紋認証、風呂上がりは顔認証など、使い分けることができ、ロック解除がスムーズにできます。


AQUOS sense4 plusのメリットその6:防水、防塵に対応している

AQUOS sense4 plusは、IPX5、IPX8の防水、IP6Xの防塵に対応しています。


IPX5とは、いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない

IPX8とは、水面下での使用が可能

IP6Xとは、完全な防塵構造


ということになっています。


AQUOS sense4 plusのデメリット、短所

AQUOS sense4 plusのデメリットその1:片手では操作できない

AQUOS sense4 plusは、6.7インチの大画面ディスプレイを搭載しているので、片手では操作できません。


個人的には、普段使いのスマホとしては、ちょっと大きすぎるかな。と感じます。


ただ、大きく迫力のある映像を楽しみたい。という方には、これはメリットにもなることなので、人それぞれですね。


AQUOS sense4 plusのデメリットその2:スピーカーの音質はソコソコ

AQUOS sense4 plusは、ステレオスピーカーを搭載し、大音量かつクリアな音質を実現している。ということもアピールされています。


ただ、実際に大音量で音を流してみると、やはり高音中心で、中低音は物足りません。


スマートフォン内蔵のスピーカーとしては良い方ではあると思いますが、やはり内蔵スピーカーなので、過度な期待は禁物です。


イヤホンジャックがついていて、ハイレゾに対応しているので、イヤホン、ヘッドホンを使うのがおすすめです。


AQUOS sense4 plusのデメリットその3:カメラ性能もソコソコ

AQUOS sense4 plusのメインカメラはクアッドカメラ、フロントカメラはデュアルカメラです


【メインカメラ】
4,800万画素+500万画素+190万画素+190万画素


【フロントカメラ】
800万画素+190万画素


これを見ると、全体的に、今どきのスマホとしては、画素数は低めですね。


私は、実際に写真を撮ってそこまで細かく検証したわけではないので、断言はできませんが、ネット上の評判を見る限り、写真に関してはそんなに。という声が多いです。


元々、AQUOS senseシリーズはそれほどカメラ性能を推している機種ではないので、カメラ性能に関しては割り切ったほうが良さそうです。


AQUOS sense4 plusの基本スペック

AQUOS sense4 plusの基本スペックを、表にして紹介します。

OS Android 10
ディスプレイ 6.7インチTFT液晶
(2,400?1,080)
プロセッサ Snapdragon 720G
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
背面カメラ 4,800万画素+500万画素+190万画素+190万画素
前面カメラ 800万画素+190万画素
バッテリー容量 4,120mAh
サイズ 縦166mm?横幅78mm?厚さ8.8mm
重量 197g


AQUOS sense4 plusの評判、口コミ

AQUOS sense4 plusの評判、口コミを紹介します。

まとめ

AQUOS sense4 plusのメリット(長所)、デメリット(欠点)を紹介しましたが、長所の方が目立つ結果となりました。


大きめのスマホを探している人にとっては、とてもおすすめできるスマートフォンです。


UN-LIMIT Ⅵの基本をおさえておこう

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT Ⅵの基本をおさらいしておきましょう。

月額料金(はじめての方は3ヶ月無料)

0~1GB・・・0円(2回線目以降1,078円)
1~3GB・・・1,078円
3~20GB・・・2,178円
20GB~・・・3,278円

データ容量

楽天回線エリア・・・使い放題
国内パートナー回線エリア・・・5GB(超過後1Mbps)
海外・・・2GB(超過後128Kbps)

通話

Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話かけ放題無料

アプリ未使用時は30秒22円


海外から国内への通話もRakuten Linkアプリを使えば、かけ放題無料


国内から海外、海外から海外は、Rakuten Linkアプリを使えば、月額980円(不課税)でかけ放題

アプリ未使用時は国に応じて従量課金

SMS

Rakuten Linkアプリを使えば、国内も海外も使い放題無料

アプリ未使用時は、国内は70文字3円、海外は70文字110円

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

新プラン、アンリミット6について詳しくはこちら