楽天モバイルアンリミット徹底解説ブログ

楽天モバイルの、Rakuten UN-LIMITプランを中心に解説するブログです

【楽天モバイル Galaxy A7 メリット/デメリット/欠点/レビュー/評価/口コミ】イヤホンジャックがある、充電端子がタイプB、カメラ性能が高い、LINEを2つ使える、動作が遅い、重い、など。

楽天モバイル申し込みは、公式サイトから

Rakuten Hand実質0円!

楽天モバイル

2021年2月11日更新

このページの内容は、すべて税込表記となっています。


手頃な価格ながらトリプルカメラや有機ELディスプレイを搭載し、コスパの高い端末として人気の、Galaxy A7。


Galaxy A7
f:id:totalcar:20200506224552p:plain
出典https://network.mobile.rakuten.co.jp


Galaxy A7にはどういった長所、欠点、メリット、デメリットがあるのでしょうか。


このページでは、Galaxy A7のメリット、デメリット、レビュー、口コミを紹介します。


購入後に後悔しないために、Galaxy A7の長所、欠点を知っておきましょう。

Galaxy A7のメリット(長所)

まずは、Galaxy A7のメリット、長所を紹介します。

メリットその1:価格が安い

Galaxy A7は、楽天モバイルで18,700円で販売されています。


通信会社では、楽天モバイルからしか発売されていません。


ちなみに、楽天モバイルでは、20,000ポイント還元キャンペーンが開催されているので、実質0円以下となるため、楽天モバイルで購入するのが最安となります。


今、楽天モバイルはUN-LIMIT Ⅵの発表により申込みが殺到しており、価格が安い端末を中心に在庫切れが続出しています。


楽天モバイルの在庫切れ、入荷待ち情報はこちらのページでまとめていますが、Galaxy A7も実質0円以下になる端末なので、在庫切れになる可能性もあるでしょう。

smartphone-life.hatenablog.com

メリットその2:ディスプレイが綺麗

Galaxy A7には、有機ELディスプレイ(OLED)が搭載されています。


ディスプレイサイズは6.0インチで、解像度は2220?1080(FHD+)となっています。


有機ELディスプレイは、液晶ディスプレイよりも黒を美しく表現することができます。


メリットその3:カメラ性能が高い

Galaxy A7のメインカメラは、トリプルカメラになっており、美しい写真を撮影することができます。


メインカメラは、2400万画素(広角)+800万画素(超広角)+500万画素(ボケ)の3つです。


カメラをかざすだけでシーンを判別し、自動で最適な設定が適用されます。


シーンは19種類あります。

(花、空、木、鳥、人、室内、夜景、街路、食事、文字、ビーチ、植物、滝、雪、風景、動物、山、水辺、日の出/日の入りの19種類)


インカメラはシングルながら、2400万画素です。



1万円台の価格帯のスマートフォンの中では、メインカメラの性能はトップレベルと言って良いでしょう。


ネット上の口コミやYouTubeにアップされている動画を見る限り、動画の画質はそれほど高くなく、写真重視のようです。

www.youtube.com

この動画を見てどう感じるかは人それぞれでしょうが、動画の画質に関しては、まあそれなりかな。という感じです。でも、価格を考えれば十分でしょう。


メリットその4:LINEやフェイスブックを2つ使える

Galaxy A7には、デュアルメッセンジャー機能が搭載されており、メッセンジャーアプリを2つ使うことができます。


デュアルメッセンジャー機能に対応しているアプリは、「LINE」「フェイスブック」「フェイスブックメッセンジャー」「スナップチャット」「カカオトーク」「スカイプ」「ウィーチャット」です。


たとえば、1台のスマホでLINEアカウントを2つもって、仕事用とプライベート用に分ける。といった使い方ができます。これは結構便利です。


デュアルメッセンジャー機能は、Galaxy限定の機能です。


メリットその5:音質が良い

Galaxy A7は、ハイレゾ音源に対応しており、また、ドルビーアトモスオーディオ技術が採用されています。


ドルビーアトモスオーディオ技術とは、内蔵スピーカーやヘッドフォンを介して仮想の3次元空間に音声オブジェクトをレンダリングする技術です。


難しい話はおいといて、とりあえず、イヤホンやヘッドホンを使えば、音質は良いです。


メリットその6:イヤホンジャックがついている

最近はイヤホンジャックが搭載されていないスマホも多い中、Galaxy A7には、イヤホンジャックがついています。


その代わり、スピーカーはシングルです。


メリットその7:顔認証と指紋認証両方が使える

Galaxy A7は、顔認証と、指紋認証両方に対応しています。


どちらかにしか対応していないスマホも結構ある中で、両方に対応しているのは、便利です。


特に今の時期は、マスクをしていると顔認証が通らないことが多いので、指紋認証の方が重宝するかと思います。


↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

Galaxy A7のデメリット(短所)

次に、Galaxy A7のデメリット、短所を紹介します。

デメリットその1:動作が少し遅い、重い

Galaxy A7を操作したことがありますが、もう少しヌルヌル動いてくれたら気持ち良いのになあ。と思います。ただ、1万円台のスマートフォンとしては良い方です。


価格が安いので仕方がないといってしまえばそれまでですが、ハイエンド機種や、iPhoneに比べると、ちょっと遅い、重い。と感じるかと思います。


遅すぎてイライラするほどではありません。


デメリットその2:おサイフケータイに対応していない

Galaxy A7は、おサイフケータイに対応していません。


モバイルSuicaやiDといったタッチ決済を利用することができません。


楽天PayやPayPayなどのバーコード決済は使えます。


デメリットその3:防水、防塵ではない

Galaxy A7は、防水、防塵ではありません。


最近は格安な機種でも防水、防塵対応の機種が多いですから、そこは残念ですね。


デメリットその4:充電がmicro USB Type-B

Galaxy A7の充電端子は、micro USB Type-Bです。


これは、裏表があるもので、ケーブルをつなぐ時に裏表に気をつけないといけません。


最近は裏表のないUSB Type-Cを採用しているものも多い中、残念な要素です。


Exynos 7885とは

Galaxy A7には、Exynos 7885というプロセッサが搭載されています。


Snapdragonが搭載されているものが多い中で、Exynosというのは、あまり聞き慣れないプロセッサですよね。


Exynos 7885は、Snapdragonでいうならば、Snapdragon 636くらいの性能のプロセッサです。


Snapdragon 636は、Snapdragon 660、Snapdragon 710よりも性能は低く、ミドルレンジ向けプロセッサの中では性能は下の方です。


とはいえ、3Dゲームをしないのなら何ら問題はありません。


Galaxy A7の口コミ

Galaxy A7の口コミをいくつかピックアップします。


↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル


Galaxy A7の基本スペック

Galaxy A7の基本スペックをおさらいしておきましょう。

OS Android9
ディスプレイ 6.0インチ有機EL(OLED)
解像度2220?1080
プロセッサ Exynos 7885
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
背面カメラ 2400万画素+800万画素+500万画素
前面カメラ 2400万画素
バッテリー容量 3400mAh
サイズ 縦159.8mm?横幅76.8mm?厚さ7.5mm
重量 168g

Galaxy A7の評価、口コミ

Galaxy A7のツイッター上での評判を、いくつか紹介します。




UN-LIMIT Ⅵの基本をおさえておこう

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT Ⅵの基本をおさらいしておきましょう。

月額料金(はじめての方は3ヶ月無料)

0~1GB・・・0円(2回線目以降1,078円)
1~3GB・・・1,078円
3~20GB・・・2,178円
20GB~・・・3,278円

データ容量

楽天回線エリア・・・使い放題
国内パートナー回線エリア・・・5GB(超過後1Mbps)
海外・・・2GB(超過後128Kbps)

通話

Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話かけ放題無料

アプリ未使用時は30秒22円


海外から国内への通話もRakuten Linkアプリを使えば、かけ放題無料


国内から海外、海外から海外は、Rakuten Linkアプリを使えば、月額980円(不課税)でかけ放題

アプリ未使用時は国に応じて従量課金

SMS

Rakuten Linkアプリを使えば、国内も海外も使い放題無料

アプリ未使用時は、国内は70文字3円、海外は70文字110円

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

新プラン、アンリミット6について詳しくはこちら