楽天モバイルアンリミット徹底解説ブログ

楽天モバイルの、Rakuten UN-LIMITプランを中心に解説するブログです

【OPPO A73 評判/口コミ/メリット/デメリット】OPPO A73と、A5 2020を比較!プロセッサ、有機ELディスプレイ、カメラ性能、バッテリー容量など

楽天モバイル申し込みは、公式サイトから

Rakuten Hand実質0円!

楽天モバイル

2021年2月17日更新
このページの内容は、すべて税込表記となっています。


楽天モバイルから、OPPO A73が発売されました。


OPPO A73
f:id:totalcar:20201215204144j:plain
出典https://www.oppo.com


このページでは、OPPO A73のメリット、デメリットを紹介します。


また、OPPO A5 2020からどこが変わったのか?についても紹介します。

OPPO A73のメリット、長所

OPPO A73のメリットその1:指紋がつきにくい、上質なデザイン

OPPO A73は、3万円程度と格安でありながら、上質なデザインをしています。


本体背面はレザー調で、マッドな仕上がりとなっています。


また、背面にツヤがないので、指紋も残りにくいというメリットがあります。


OPPO A73のメリットその2:有機ELディスプレイ搭載

OPPO A73には、6.4インチの有機ELディスプレイが搭載されています。


解像度も2,400?1,080と、フルハイビジョンに対応しています。


有機ELディスプレイは黒を美しく表現することができます。


OPPO A73のメリットその3:価格の割には高いカメラ性能

1,200万画素+800万画素(超広角)+200万画素(モノクロ)+200万画素の、クアッドカメラです。


超広角カメラが搭載されているので、広い範囲を撮影することもできます。


ハイエンド端末には及びませんが、価格の割には高いカメラ性能です。


OPPO A73のメリットその4:eSIM対応

OPPO A73は、eSIMに対応しています。


nano SIMとeSIMのDSDVに対応しているので、楽天モバイルをeSIMで契約して、他の通信会社のSIMと併用することもできます。


楽天モバイルで販売されている製品の中で、eSIMに対応しているのは、Rakuten Hand、BIG、Miniと、OPPO A73、AQUOS sense4 liteだけです。


OPPO A73のデメリット、短所

OPPO A73のデメリットその1:絶対的な性能は、それほど高くない

OPPO A73には、Snapdragon 662というミドルレンジ向けのプロセッサが搭載されています。


Snapdragon 662だと、3Dゲームなど、高い処理能力を要求されるゲームを高画質設定でプレイすることは難しいです。


OPPO A73のデメリットその2:おサイフケータイには対応していない

OPPO A73は、Felicaには対応しておらず、おサイフケータイは使えません。


OPPO A73のデメリットその3:防水、防塵ではない

OPPO A73は、防水、防塵ではありません。


防滴でもないので、雨や大量の汗にも注意が必要です。


OPPO A73と、OPPO A5 2020を比較

OPPO A73は、OPPO A5 2020の後継機種にあたります。


ここからは、A73は、A5 2020からどういったところが変わったのか、比較してみましょう。

比較その1:デザイン、サイズ

OPPO A73とA5 2020は、前面のデザインはほぼ同じですが、背面のデザインは大きく異なります。


OPPO A73
f:id:totalcar:20201215204144j:plain
出典https://www.oppo.com


OPPO A5 2020
f:id:totalcar:20201215204420j:plain
出典https://www.oppo.com


サイズは、A73が159.8mm?72.9mm?7.45mmであるのに対し、A5 2020は163.6mm?75.6mm?9.1mmと、A73の方が少し小さいです。


比較その2:プロセッサ、メモリ

OPPO A5 2020には、Snapdragon 665が搭載されていましたが、A73には、Snapdragon 662が搭載されています。


数字が小さくなっているので、性能が下がったように感じますが、どちらもほぼ同じ性能です。


メモリもどちらも4GBなので、基本的な性能はほぼ同じです。

比較その3:ディスプレイ

OPPO A5 2020のディスプレイは6.5インチTFT液晶であるのに対し、A73は6.4インチの有機ELです。


解像度は、A5 2020が1,600?720であるのに対し、A73は2,400?1,080と、大きく向上しています。


また、OPPO A73は、ディスプレイ内に指紋センサーが埋め込まれています。

比較その4:カメラ性能

OPPO A5 2020のカメラは、1,200万画素+800万画素+200万画素+200万画素のクアッドでしたが、

A73では、1,600万画素+800万画素+200万画素+200万画素にアップしています。


フロントカメラは、どちらも1600万画素で同じです。


比較その5:バッテリー容量

OPPO A5 2020のバッテリー容量は5,000mAhでしたが、A73では4,000mAhに減っています。


そのかわり、重さは195gから162gと軽くなっているので、一概に悪いことともいえません。


その他

OPPO A5 2020は、IP5Xクラスの防塵対応でしたが、A73では非対応となっています。

ただ、防塵よりも大切な防水はどちらも非対応です。

防塵に関しては、防水ほど気になる違いではないかと思います。



また、OPPO A5 2020ではNFCに対応していましたが、A73では非対応となっています。

どちらもおサイフケータイは使えないので、こちらもそれほど大きな変更ではないでしょう。


OPPO A73の基本スペック

OPPO A73の基本スペックを、表で紹介します。

OS Android 10
ディスプレイ 6.4インチTFT液晶
(2,400?1,080)
プロセッサ Snapdragon 662
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
背面カメラ 1,600万画素+800万画素+200万画素+200万画素
前面カメラ 1600万画素
バッテリー容量 4,000mAh
サイズ 縦159.8mm?横幅72.9mm?厚さ7.45mm
重量 162g


OPPO A73の評判、口コミ

OPPO A73の評判、口コミをあつめました。


まとめ

OPPO A73は、処理能力よりも、ディスプレイ性能、カメラ性能を重視する方におすすめのスマートフォンです。


同じくらいの価格帯でもプロセッサの処理能力を重視する方は、より高性能なSnapdragon 720Gを搭載する、AQUOS sense4 liteをおすすめします。

smartphone-life.hatenablog.com


UN-LIMIT Ⅵの基本をおさえておこう

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT Ⅵの基本をおさらいしておきましょう。

月額料金(はじめての方は3ヶ月無料)

0~1GB・・・0円(2回線目以降1,078円)
1~3GB・・・1,078円
3~20GB・・・2,178円
20GB~・・・3,278円

データ容量

楽天回線エリア・・・使い放題
国内パートナー回線エリア・・・5GB(超過後1Mbps)
海外・・・2GB(超過後128Kbps)

通話

Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話かけ放題無料

アプリ未使用時は30秒22円


海外から国内への通話もRakuten Linkアプリを使えば、かけ放題無料


国内から海外、海外から海外は、Rakuten Linkアプリを使えば、月額980円(不課税)でかけ放題

アプリ未使用時は国に応じて従量課金

SMS

Rakuten Linkアプリを使えば、国内も海外も使い放題無料

アプリ未使用時は、国内は70文字3円、海外は70文字110円

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

新プラン、アンリミット6について詳しくはこちら