楽天モバイルアンリミット徹底解説ブログ

楽天モバイルの、Rakuten UN-LIMITプランを中心に解説するブログです

【Rakuten Hand レビュー/口コミ/メリット/デメリット/長所/欠点/口コミ】指紋認証、顔認証あり。ゲームも快適。microSD非対応、防水非対応、カメラ性能が低い、など

楽天モバイル申し込みは、公式サイトから

Rakuten Hand実質0円!

楽天モバイル

2021年3月13日更新
(このページの内容は、全て税込表記です)

楽天モバイルから、オリジナル機種第3弾、Rakuten Handが発売されました。


Rakuten Hand
f:id:totalcar:20201209223518j:plain
出典https://corp.mobile.rakuten.co.jp


このページでは、Rakuten Handのメリット(長所)、デメリット(欠点)を紹介します。

【注目】実質0円キャンペーン開催中

1月7日から、Rakuten Handが実質0円で購入できるキャンペーンが開催されています。

Rakuten Handの価格は20,000円で、UN-LIMITに申込&Rakuten Hand購入で24,999円分のポイントがもらえるので、0円というか、むしろ得します。

キャンペーン終了日は未定となっているので、終了する前にお早めに。


Rakuten Handのメリット、長所

Rakuten Handのメリットその1:片手で操作できる最適サイズ

Rakuten Handの最大の魅力は、片手で操作できる最適なサイズである。ということです。


「Rakuten Hand」という名前からも、操作のしやすさをアピールしていることがわかります。


Rakuten Handのサイズは、縦138mm?横幅63mm?厚さ9.5mmです。


片手で操作しやすいと話題となった、iPhone12 miniに近いサイズです。

iPhone 12 miniは、縦131.5mm?横幅64.2mm?厚さ7.4mm


Rakuten Handの方が少し厚みがありますが、角が丸みを帯びているラウンドデザインが採用されているので、持ちやすさは問題ないでしょう。


Rakuten Handのメリットその2:Snapdragon 720G搭載でゲームも快適

Rakuten Handには、ミドルレンジ向けプロセッサとしては最もゲームに適している、Snapdragon 720Gが搭載されています。


Rakuten Handの価格は、本体価格18,182円とかなり安いのですが、この価格帯でSnapdragon 720Gを搭載している機種は、まずありません。


しかも今なら、15,020ポイント還元キャンペーンが開催されているので、実質価格は5,000円程度です。


価格と、プロセッサの処理能力を見ると、コスパはピカイチです。


Rakuten Handのメリットその3:指紋認証、顔認証両方に対応

Rakuten Handは、指紋認証と、顔認証の両方に対応しています。


今は、マスクをしていることも多く、顔認証のみではうまくロックを解除できないこともありますよね。


そんな時、指紋認証にも対応していると便利です。


Rakuten Handの指紋センサーは、ディスプレイ内に組み込まれています。


Rakuten Handのメリットその4:おサイフケータイ対応

Rakuten Handは、おサイフケータイに対応しています。


おサイフケータイに対応していると、Suicaや、iDなど、様々な支払いに使うことができて便利です。


Rakuten Handのメリットその5:クリアケースが無料でもらえる

今Rakuten Handを購入すると、クリアケースが無料でもらえます。


クリアケースも1,000円くらいはしてしまうものなので、もらえるものはもらっておきましょう。


【追記】
クリアケースプレゼントについては、終了してしまっているようです。


Rakuten Handのデメリット、欠点

Rakuten Handのデメリットその1:画面解像度が低い

Rakuten Handには、有機ELディスプレイが採用されているのですが、解像度が低いのがデメリットです。


画面解像度は、720?1520と、フルハイビジョンにも対応していません。


ただ、ディスプレイサイズが5.1インチと小さめなので、画質の粗さが気になることはないでしょう。


Rakuten Handのデメリットその2:バッテリー容量が少ない

Rakuten Handのバッテリー容量は、2,750mAhと、今どきのスマートフォンとしては少ないです。


今どきのスマートフォンとしてはコンパクトなので、仕方がない部分ではありますが。


連続待受時間は420時間、連続通話時間は18.3時間となっています。


たとえば、楽天モバイルで人気のAQUOS sense3 liteだと、連続待受時間は910時間、連続通話時間は48.8時間なので、やはりバッテリーの持ちの短さは否定できません。


Rakuten Handのデメリットその3:micro SDに対応していない

Rakuten Handには、micro SDカードスロットが搭載されていません。


内蔵ストレージも64GBなので、あまり多くのアプリや動画を保存することはできません。


Rakuten Handのデメリットその4:防水対応ではなく防滴のみ

Rakuten Handは、防水には対応しておらず、防滴対応となっています。


防滴に対応しているので、雨や汗は大丈夫です。風呂場で使いたいということでなければ、問題ありません。


Rakuten Handのデメリットその5:カメラ性能はそれほど高くない

Rakuten Handのカメラは、外側が4,800万画素+200万画素(深度センサー)のデュアルカメラ。


内側は1600万画素のシングルカメラとなっています。


3つ、4つとカメラを搭載しているスマホも多い中で、カメラ性能はそれほど高いとはいえません。


Rakuten Handの基本スペック

Rakuten Handの基本スペックを、表にして紹介します。


OS Android 10
ディスプレイ 5.1インチ有機EL
(1,520?720)
プロセッサ Snapdragon 720G
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
背面カメラ 4,800万画素(広角)+200万画素(深度センサー)
前面カメラ 1,600万画素
バッテリー容量 2,750mAh
サイズ 縦138mm?横幅63mm?厚さ9.5mm
重量 129g


Rakuten Handのレビュー

Rakuten Handを触る機会があったので、多くの人が気になりそうなポイントをかんたんにレビューします。


・指紋認証、顔認証について
指紋認証は、風呂上がりでふやけていたり、指が濡れていなければ、スムーズにロック解除することができます。他のスマートフォンと比べても十分早いです。

顔認証は、マスクをしていなければ普通に認証されます。スピードは、指紋認証の方が早いです。


・操作性について
画面が小さめではありますが、片手で操作できて便利です。

キーボード入力は、QWERT配列(パソコンのキーボードの並びの入力)は、ボタンが小さくて少しやりづらいです。

フリック入力の方が良いかと思います。


・バッテリー持ちについて
バッテリー容量が少ないのが気になっていましたが、普通に使っている分には、1日以上十分に持ちます。(2日は持たない)

1時間ほど動画を見て、1時間ほどSNSやWebサイトを閲覧するくらいなら、1日経ってもバッテリーは40%ほど残っていました。


・カメラ性能について
カメラ性能は期待していなかったのですが、思ったよりも良い。というのが正直なところです。

Rakuten Hand本体で見る、また、SNSにアップする写真や動画であれば、明るいところ、暗いところ、ポートレート撮影など、十分綺麗に撮影できます。

拡大したりすれば、ハイエンド機種には及ばないでしょうが、普通に使う分には十分です。


Rakuten Handの口コミ

Rakuten Handの口コミをリサーチしてきました。

多かった口コミは、以下のようなものです。

・SDカードが使えないから、データ容量を気にしないといけない

・バッテリーの持ちは、思ったよりも良かった

・有機ELディスプレイが綺麗

・コンパクトで使いやすい

・軽いのが良い

・解像度がもう少し高ければよかった


まだ、出回っている口コミの数が少ないですが、こういった内容の意見が多かったです。


まとめ

Rakuten Handには、カメラ性能や解像度が低く、バッテリー容量が少ない。など、デメリットもそれなりにありますが、価格を考えれば、Snapdragon 720Gを搭載しているというだけでも、十分に魅力はあります。


カメラ性能と、画面解像度、バッテリー容量、ストレージ容量に妥協できるのであれば、おすすめできるスマートフォンといえます。



ちなみに、Rakuten Handのメーカーは、中国のTinnoという会社です。


他のRakutenモバイルオリジナル端末は、海外で売られているベースとなる端末があるのですが、Rakuten Handに関してはそういった情報はないので、完全に楽天モバイル向けのオリジナルと思われます。


これからしばらくしたら、口コミもたくさん出てくるでしょうから、随時更新します。


UN-LIMIT Ⅵの基本をおさえておこう

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT Ⅵの基本をおさらいしておきましょう。

月額料金(はじめての方は3ヶ月無料)

0~1GB・・・0円(2回線目以降1,078円)
1~3GB・・・1,078円
3~20GB・・・2,178円
20GB~・・・3,278円

データ容量

楽天回線エリア・・・使い放題
国内パートナー回線エリア・・・5GB(超過後1Mbps)
海外・・・2GB(超過後128Kbps)

通話

Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話かけ放題無料

アプリ未使用時は30秒22円


海外から国内への通話もRakuten Linkアプリを使えば、かけ放題無料


国内から海外、海外から海外は、Rakuten Linkアプリを使えば、月額980円(不課税)でかけ放題

アプリ未使用時は国に応じて従量課金

SMS

Rakuten Linkアプリを使えば、国内も海外も使い放題無料

アプリ未使用時は、国内は70文字3円、海外は70文字110円

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

新プラン、アンリミット6について詳しくはこちら