楽天モバイルアンリミット徹底解説ブログ

楽天モバイルの、Rakuten UN-LIMITプランを中心に解説するブログです

【OPPO Reno A 欠点/後悔/メリット/デメリット/レビュー/口コミ】コスパが高い、画質が悪い、ディスプレイが綺麗、顔認証がはやい、マスクOK、など。楽天モバイルがおすすめ!

楽天モバイル申し込みは、公式サイトから

Rakuten Hand実質0円!

楽天モバイル

2021年3月25日更新
このページの内容は、全て税込表記となっています。


高コスパで人気の、OPPO Reno A。

f:id:totalcar:20200506060149p:plain
出典https://www.oppo.com


OPPO Reno Aは、多くのMVNOで取り扱われており、とても人気なのですが、もちろん、欠点もあります。


購入後に後悔しないために、OPPO Reno Aには、どんな長所、欠点があるのでしょうか。知っておきましょう。

OPPO Reno Aのメリット(長所)

まずは、OPPO Reno Aのメリット、長所を紹介します。

価格が安い

OPPO Reno Aの価格は、35,000円程度と、格安です。

3月22日時点での価格は、以下のとおりです。


OCNモバイルONE・・・22,110円

LINEモバイル・・・30,580円

LIBMO・・・34,848円

楽天モバイル・・・38,800円


こうして価格を比較してみると、楽天モバイルが高いように感じますが、楽天モバイルのみ、ストレージが128GBです。(その他は64GB)

また、ポイント還元を考えれば、楽天モバイルは安いです。


これから紹介しますが、価格が安いにも関わらず、性能が良いので、人気となっています。


プロセッサが優秀

OPPO Reno Aには、Snapdragon 710が搭載されています。


Snapdragon 710は、ミドルレンジ向けのプロセッサとしては、最上位のものです。



Snapdraon 710を搭載しているスマートフォンは、


Xiaomi Mi8 SE
Vivo NEX
OPPO R17 Pro
Meizu 8X
Nokia 8.1


そもそも、Snapdragon 710を搭載しているスマーフォンで日本で発売されているものは少ないですが、などありますが、OPPO Reno Aは、その中でも安いほうです。

メモリが6GB

ミドルレンジで、35,000円程度の機種は、メモリが4GBのものも多いですが、OPPO Reno Aのメインメモリは、6GBです。


Snapdragon 710を搭載し、メモリも6GBなので、動作がヌルヌルです。


とても35,000円の機種とは思えません。


ディスプレイが綺麗

OPPO Reno Aのディスプレイは、有機EL(OLED)です。


この価格帯で有機ELディスプレイが採用されているのは、とてもめずらしいです。


解像度も、2340?1080(FHD+)で、フルハイビジョンの画像、動画をしっかりと表示することができます。


おサイフケータイに対応している

格安の海外メーカーのスマートフォンは、おサイフケータイには対応していないことが多いですが、OPPO Reno Aは、この価格ながらおサイフケータイに対応しています。


おサイフケータイに対応していると、モバイルSuicaなど、何かと便利です。


顔認証が速い、マスクでもOK

OPPO Reno Aは、指紋認証と顔認証があるのですが、顔認証の認証速度がとても速いです。


タイムラグはほぼありません。


また、マスクをしていたり、目を閉じていても解除することができます。
(目を閉じていると解除できないようにすることもできます)

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

OPPO Reno Aのデメリット(短所)

次に、OPPO Reno Aのデメリット、短所を紹介します。

動画の品質はイマイチ

OPPO Reno Aは、画像の画質はソコソコなのですが、動画の画質は正直それほど綺麗ではありません。


OPPO Reno Aは、処理能力(メモリ・ストレージ)と、動画、画像を表示するディスプレイにコストをかけている代わりに、カメラ性能は割り切っている印象です。


その中でも、静止画はソコソコですが、動画の画質は良いとは言えません。


カメラ性能にこだわるなら、この価格帯で、処理能力は低いものの、カメラ性能がもっと高いものは他にあります。


たとえば、Galaxy A7、HUAWEI P30 liteなどですね。


指紋センサーの位置が分かりにくい

OPPO Reno Aの指紋センサーは、ディスプレイに内蔵されています。


ディスプレイのどこを触っても良い。というわけではなく、ディスプレイの下の方、最下部よりもちょっと上です。


指紋センサーのところに指を当てないと、ロックが解除されません。


わかりやすい物理的なくぼみがないので、ちょっとズレてスムーズにロック解除ができないことがあります。


サイドのボタンや、背面のくぼみに指紋センサーが搭載されているのであれば、手探りで解除することができますが、


片手で操作できない

OPPO Reno Aのディスプレイサイズは、6.4インチもあります。


人にもよるでしょうが、よほど手が大きい人でないと、片手ですべての操作をするのは難しいでしょう。


ちなみに、Galaxy S20(無印)は6.2インチ


iPhone11は6.1インチです。


片手で操作することができるのは、iPhoneSE(第二世代)の4.7インチくらいまででしょうね。

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

OPPO Reno Aの基本スペック

OPPO Reno Aの基本スペックをおさらいしておきましょう。

OS ColorOS6(Android9ベース)
ディスプレイ 6.4インチ有機EL(OLED)
解像度2340?1080
プロセッサ Snapdragon 710
メモリ 6GB
ストレージ 64GB/128GB
背面カメラ 1600万画素+200万画素
前面カメラ 2500万画素
バッテリー容量 3600mAh
サイズ 縦158.4mm?横幅75.4mm?厚さ7.8mm
重量 169.5g



Snapdragon710を搭載し、メモリは6GB、有機ELディスプレイが採用されていて35,000円ということで、OPPO Reno Aが人気になっています。


楽天モバイルだけ、ストレージが128GB

OPPO Reno Aは、最初に紹介したように、OCNモバイル、LINEモバイル、mineoなど、多くのMVNOで取り扱われていますが、楽天モバイルのものだけストレージが128GBで、それ以外は64GBです。


かといって楽天モバイルだけ高いわけではないので、


また、このサイトでは何度も紹介していますが、楽天モバイルは、Rakuten UN-LIMITという、月々3,278円で、データ容量使い放題、国内通話し放題というプランが設定されています。


OPPO Reno Aは、Rakuten UN-LIMITの動作確認機種であり、個人的には、楽天モバイルで使うのがとてもおすすめです。


OPPO Reno A(128GB)は、楽天モバイルで35,273円で販売されていますが、現在10,000ポイント還元キャンペーンが開催されています。


その他、基本使用料1年無料や、事務手数料無料など色々とキャンペーンが開催されています。詳しくはこちら。

smartphone-life.hatenablog.com


UN-LIMIT Ⅵの基本をおさえておこう

楽天モバイル、Rakuten UN-LIMIT Ⅵの基本をおさらいしておきましょう。

月額料金(はじめての方は3ヶ月無料)

0~1GB・・・0円(2回線目以降1,078円)
1~3GB・・・1,078円
3~20GB・・・2,178円
20GB~・・・3,278円

データ容量

楽天回線エリア・・・使い放題
国内パートナー回線エリア・・・5GB(超過後1Mbps)
海外・・・2GB(超過後128Kbps)

通話

Rakuten Linkアプリを使えば、国内通話かけ放題無料

アプリ未使用時は30秒22円


海外から国内への通話もRakuten Linkアプリを使えば、かけ放題無料


国内から海外、海外から海外は、Rakuten Linkアプリを使えば、月額980円(不課税)でかけ放題

アプリ未使用時は国に応じて従量課金

SMS

Rakuten Linkアプリを使えば、国内も海外も使い放題無料

アプリ未使用時は、国内は70文字3円、海外は70文字110円

↓楽天モバイル申し込みは、公式サイトから↓

楽天モバイル

新プラン、アンリミット6について詳しくはこちら


OPPO Reno Aの口コミ、評判

ネット上でのReno Aの口コミ、評判を紹介します。参考までに